協会上部ロゴ

よくあるご質問(一覧)

●カテゴリ別に確認する●


A.講座に関するご質問

  • 受講または受験するための条件は?

    +

    当資格は受講資格・受験資格、共に設けていません。学歴、経歴、年齢など気にせずに受講いただけます。

    ただし、当資格を受験できるのは、本講座を受講されている方に限ります。そのため「受講をせずに、試験だけ受ける」ということはできません。

  • 受講者はどのような人が多いですか?

    +

    受講者の半数は子どもの保護者、もう半数は療育施設のスタッフや保育士などお仕事で子どもと関わられている方となります。年齢層は10代(学生)~60代の方まで受講されており、30代と40代の受講が多い傾向にあります。

  • 大人の発達障害にも対応していますか?

    +

    基本的には児童を対象にした表現が使われておりますが、アプローチ方法につきましては心理学や脳科学に基づいたものがいくつか紹介されております。
    また、発達障がい者の気持ちや考えを理解するという点や支援をする人の心構え、コミュニケーションに関する部分につきましては大人か子どもかということは関係ないと考えております。実際に当協会が認定する資格は、大人の発達障害に悩む方本人が受講されていたり、その保護者が受講されているケースもございます。それだけでなく、企業の社員教育でも当教材のアプローチ方法が活用されている事例も確認しています。そういった意味では、十分大人の方に対しても役に立つ内容ではないかと考えております。パンフレットをご確認の上ご判断お願いいたします。

  • 受講はどのような形態ですか?

    +

    当資格では受講も受験もご自宅で完結するようにしています。受講時はテキストとワークブック、動画視聴学習(DVD又はオンライン)となります。受験時は弊社のオンラインテストページより受験いただくことが可能で、試験は随時行っています。

  • 受講にパソコンは必要ですか?

    +

    いいえ、パソコンは必要ありません。試験を受ける際もスマートフォンで受験することが出来ますのでデジタル機器が苦手な方でも安心です。

  • DVDプレイヤーを持っていない場合は?

    +

    ご安心ください。オンラインにてDVDと同じ内容の動画を視聴できるようになっております。

  • 夫婦や親子で受験するには2名分の申込が必要ですか?

    +

    はい、2名様分のお申込みをお願いします。当資格は1受講申込につき1名様の受験を許可しています。

  • 受講期限はある?平均受講期間はどのくらい?

    +

    受講期限(試験を受けられる期間)は下記の通りです。
    ・児童発達支援士のみ:8カ月
    ・発達障害コミュニケーションサポーターのみ:8カ月
    ・2科目セット申込:12カ月
    また平均受講期間は1~2カ月程度となっています。早い方ですと1,2週間で合格される方もいらっしゃいます。

  • 万が一、受講期限が切れたらどうなりますか?

    +

    受講期限が切れると試験を受けられなくなります。但し救済措置として有料にて受講期限の延長ができるようになっています。タイミングにより延長料金が変動する可能性があるため、延長費用に関してはご入用の際にご確認ください。

  • 発達障害に関する知識以外も勉強をするのはなぜですか?

    +

    これは私どもの理念でもあるのですが、発達障がい児を発達障がい者として見るのではなく、ひとりの"人間"としてみます。このように大きな枠で見ていくことで根本的な解決が出来るものなのです。例えば、発達障害のことだけに焦点を当てるのは、風邪薬を飲むのと同じようなこと。対して人間として見ていくことは、風邪を根本から直すため生活習慣を見直すようなことなのです。つまりこれが一番の近道なのです。

  • 1科目だけでなく2科目受講した方が効率が良いですか?

    +

    そうですね、私どもは「2科目受講」の方が効率的かつ効果的であると確信しております。もともと児童発達支援士の認定を始めた時から、次のステップとして発達障害コミュニケーションサポーター資格の開発を計画しておりました。ステップ1,ステップ2というイメージで講座開発をしたため、2科目受講された方が学びが深まり、幅広く対応できるようになると考えています。

    多くの方に充実した学びを提供するために、2科目セットの場合は2万円の特別割引をしている背景もございます。是非チャレンジしてみてください!

  • 申し込み後メールが全く届かないのですがどうしたらいいですか?

    +

    通常は「カードでお支払いをされた時点」もしくは「振込申し込みフォームを送信された時点」で自動返信メールがお客様の所に届くようになっています。そのメールが届かない場合は2つの可能性があります。1つは登録時のメールアドレスの入力間違い。もう1つはメールの迷惑メールフィルタ設定です。フィルタ設定をされている場合は「@ninkyou.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。2つ目のトラブルを回避するためにも「Gmailやyahoo等のフリーメール」を利用されることを推奨しています。いずれかの対処をしていただいた上で「official-hpca@ninkyou.jp」までメールをお送りください。

  • 勉強中に不明点を質問出来ますか?

    +

    はい、メールにて質問の対応をしております。ただし、テキストに関連する事柄についてのみの回答となります。個人的なご相談(例えば、我が子はADHDだがこういう時にはどうしたらいいですか?など)につきましては、回答を控えさせていただいております。子育てのアドバイスをするためには、お子様とご家族の関係性や、特性、性格、トラウマ、環境などをすべて考慮する必要がございます。安易なアドバイスによって混乱を招くことがないようこのような対応としております。

  • 海外在住ですが受講・受験することは出来ますか?

    +

    はい、受講・受験ともに可能です。既に複数の国(アメリカ・カナダ・ドイツ・シンガポール・タイ・ベトナムなど)に受講者がおり世界中に「児童発達支援士」が誕生しています。資材の郵送も配達記録が残る形でお送りしておりますのでご安心ください。(送料別途4,400円)

    受験はオンラインで可能なので、インターネットさえ繋がればどこの国からでも受験が可能です。※海外の場合はDVDは同封しておりません。オンラインで動画を視聴できるようにしておりますのでご安心ください

    地域によって「関税・諸費用」が発生することがあります。過去の事例では関税が数万円かかる地域もございましたので、費用がどれくらいかかるか事前に関税局等へご確認頂きますようお願いします。(HSコード:4901.99でお送りします)


B.お支払いに関するご質問

  • 総額はいくらになりますか?

    +

    【児童発達支援士】
    合計41,470円(受講料37,400円+試験料4,070円)

    【発達障害コミュニケーションサポーター】
    合計38,170円(受講料34,100円+試験料4,070円)

    【2科目セット】
    合計59,640円(受講料51,500円+試験料8,140円)

    試験料は試験を受けるタイミングでお支払い頂きますので、お申し込み時は受講料のみお支払い頂いております。その他、資格の登録料や更新料は一切かかりませんのでご安心ください。

  • 銀行振込を利用した分割は可能ですか?

    +

    いいえ、対応しておりません。分割方法に関してはクレジットカードを利用した方法のみとなります。

  • クレジットカードを利用した分割は何回払いですか?

    +

    クレジットカードを利用した分割払いは3回・6回・12回払いに対応しております。他の回数には出来ません。ご了承ください。

  • 分割手数料はどのくらいかかりますか?

    +

    分割手数料はお客様のお持ちのカードにより異なります。こちらのページを参考になさってください。

  • カード情報を入力してもエラーになるのですが?

    +

    お手数おかけして申し訳ございません。次のような可能性がございますので今一度ご確認ください。
    ・カード情報に誤りがある
    ・カードの利用残高がギリギリである又は超えてしまう
    そのため違うカードでお試しいただくか、操作する端末(スマホやパソコン)を変更または再起動し再度お試しください。

  • ペイペイを利用してお支払いできますか?

    +

    いいえ、対応しておりません。当協会では「ペイペイ銀行」を利用していますが、スマホアプリのペイペイとは連動しておりません。

  • 領収書の発行は可能ですか?

    +

    はい、PDFにて希望者にのみ発行をしております。紙媒体の領収書発行は対応しておりませんので、紙媒体をご希望の場合は、お客様ご自身でPDFファイルを印刷願います。
    領収書は「受講者専用サポート窓口」よりご依頼ください。受講者専用サポート窓口のアクセスURLは、申込(着金)時にお送りしているメール内や、教材に同封されている「受講の手引き」に明記されております。

  • インボイス制度に対応していますか?

    +

    はい、当協会はインボイス制度における事業者登録が完了しております。そのためインボイス制度の要件を満たした領収書の発行をしております。


C.試験や資格制度に関するご質問

  • 履歴書に記載できる資格ですか?

    +

    はい、履歴書への記載可能です。

  • この資格は国家資格ですか?

    +

    いいえ、当協会が認定する資格はすべて民間資格となります。

  • 資格は毎年更新する必要がありますか?

    +

    いいえ、ありません。更新制ではありませんので、登録費・更新費等は一切頂いておりません。

  • 試験の合格率は?不合格時の再受験は?

    +

    児童発達支援士、発達障害コミュニケーションサポーターの合格率は「90%」程度となっています。万が一、不合格となってしまった場合は受験料(税込4,070円)のみ再度お支払いいただくことで再受験が可能です。期間を空ける規定は設けておりませんので、すぐに再受験をすることも可能です。

  • 試験は自宅で行うのですか?

    +

    はい、その通りです。試験は自宅にてオンラインで実施できるようにしております。そのため試験会場に足を運ぶ必要はありません。

  • 試験日はいつですか?

    +

    試験日はお客様自身で決めることができます。基本的には365日対応可能です。お客様が試験を受けたいと思ったタイミングで、試験申込をして頂くのですが、その際に試験希望日を決めてください。試験希望日は試験申込の翌日以降であればいつでも構いません。時間も24時間対応しておりますので、ご都合に合わせて受験できます。(オンラインを利用した試験のため、システムメンテナンス日は試験不可)

  • 試験の時に教材を見ても良いですか?

    +

    いいえ、試験時には教材やスマホ等での検索など一切禁じております。

  • 合格した場合、認定証が届く前に履歴書に記載できますか?

    +

    はい、試験に合格した日を取得日として頂き、記載をして頂き構いません。そのため面接が差し迫っていてすぐにでも資格を取得したいという方でも安心です。認定証は合格から3週間程度でお届けしています。

  • 資格を取得することで就職は有利になりますか?

    +

    当協会が認定する資格は受講者数がとても多く知名度が高いため、就職活動で一定の効果を期待できます。実際に児童発達支援士を取得していたことを評価され、療育施設に就職できたというお言葉も頂いております。

  • 仕事や就職先の斡旋をしてもらえるのですか?

    +

    いいえ、当協会は仕事や就職先の斡旋やご案内はしておりません。


D.その他のご質問

  • 紙のパンフレットはありますか?

    +

    いいえ、デジタルパンフレットのみとなります。職場への提出などで紙のパンフレットが必要な場合は、お客様自身でデジタルパンフレットを印刷してご利用ください。

  • 団体申込等の特典はありますか?

    +

    はい、条件に合致した場合は特典がございますので、お申込み前にお問い合わせください。なお、お申込み後は特典の適用は出来ませんのでご了承ください。

  • 認定を開始したのはいつですか?

    +

    児童発達支援士:2020年12月
    発達障害コミュニケーションサポーター:2021年7月

  • 一般社団法人 人間力認定協会とはどういう団体ですか?

    +

    団体名:一般社団法人 人間力認定協会
    所在地:静岡県静岡市葵区鷹匠3-12-8 9F
    認定資格:児童発達支援士、発達障害コミュニケーションサポーター、SSTスペシャリスト
    公式サイト:https://ninkyou.jp/
    メール:official-hpca@ninkyou.jp
    電話番号:054-270-4444
    ※電話受付は行っておりません。メールまたはお問い合わせフォームよりご連絡お願いします


前のページに戻る