主婦が再就職時に悩む子育てのブランク!資格取得で道は開ける!

主婦(ミセス)の再就職は思った以上にハードルが高い。再就職にチャレンジしたことがある女性ならきっとそう思った経験があることでしょう。子育て(育児)期間と言うのはある種独特の空気感を女性にもたらします。この空気感が主婦の再就職を妨げる壁になっているのです。これまで3万人以上の子供たちの教育に携わり現在は(一社)人間力認定協会 代表理事の私井上が、今回は「主婦が再就職時に悩む子育てのブランク!資格取得で道は開ける!」というテーマでお話いたします。

主婦の再就職の弱みを強み(武器)に変える方法

再就職における主婦の「弱み」を「強み」に変える方法を、これまで約30年間、数百人の主婦の面接を担当してきた経営者としての経験からお話ししたいと思います。

「面接」では主婦という立場を「雇いやすさ」に変えて伝える

雇用において大変なのは何も雇われる側だけの話ではありません。先の見えない今の時代、雇用する側の会社にとっても大変な問題なのです。パートを一人採用して月額10万円のお給料だとすると。年間では120万円。10人採用したとしたら1200万円の費用と、それを管理するための管理コストと社会保障負担が必要です。「売上」は「見込み」であるのに対して「給与」は「確定」です。月末になって、給与支給分のお金を準備できずに銀行を回って頭を下げてお金を借りている経営者は少なくありません。特に、今のような不安定、不景気の社会状況においてはパートの採用すら躊躇するというのに、正社員を採用しようという勇気は到底持てないという状況です。

パート採用はコスト削減に効果

そのような中で企業側にとって「主婦」を採用するというのは経済的にも精神的にも最も負担が少ない手段なのです。面接の時に「私は主婦です。精一杯頑張りますので、まずは使ってみてください。もし、お役に立てないようなら、いつでもくびにしてください。主婦ですからそれでも困りませんので安心してください」と言ってみては。私が採用担当者なら「即採用決定」です。

「子育て」という経験を「専門家」という武器に変える

主婦の就職において子供がいるということがマイナス要因としてあげられることがありますが、これは全くナンセンスです。採用される側にとっても採用する側にとってもマイナスになることは一つもありません。

子育ては人を成長させる最高の経験

子育て(育児)は人生において、最も人を成長させる経験です。子育てによって母親は「がまん強さ」「勇気」「生きる力」「生きる意味」「存在感」「ほめる力」「包容力」「表現力」「コミュニケーション力」を学ぶのです。特にコミュニケーション力においては「ご近所」「ママ友」「先生」など、子育て中に生じる、あらゆる人間関係を「子供のために良好にする」という目的達成のため、日々その力を養っているのです。

主婦はコミュニケーションのプロフェッショナル

つまり、主婦はコミュニケーションにおける「専門家」と言っても過言ではありません。運動会当日、借りてきた猫のようにおとなしい父親を横目に、まるで外交官のように、あらゆる人達とコミュニケーションをとる姿は実にたくましいものです。主婦の再就職においてこれほどの強みはありません。これらの強みを言葉に代えて、どんどんアピールすべきなのです。

「家庭中心」という考え方を「会社への帰属意識」に変える

面接の時「私には子供がいます。子供が大切で一番に考えていますので、これを変えるつもりはありません」と言う風に宣言してくる主婦の方がいますが、これは明らかにマイナスです。採用担当者にしてみれば「あなたは家族をないがしろにしていますよね」と責められているような気になります。

家庭や子供を武器に変える

しかし、このマイナス要因も言い方ひとつ、考え方ひとつで大きなプラスに変えることが出来ます。「子供がいることで、守るべき大切なものが出来て、私は強くなれました。御社で働くことが出来るようになったら、御社は私のもう一つの大切な家族になります。その大切なものを守るために精一杯働きたいと思います」。このように言われたら、採用担当者も決して悪いようにはとりませんよね。

主婦の再就職で「主婦の強み」が生かせる職場とは

主婦が再就職する上において大切なのは職場選びです。時間帯で選ぶのは当然のことですが、もっと大切なことは、自分の「強み」を生かせる職場を見つけるということです。時間帯だけで選んでいたら、子供の学年が変わったり、習い事が変わったりすると、それに合わせて働ける時間も変わってしまい、働けなくなることもしばしば。それに比べ「強み」を生かした職場なら、多少時間帯が変わっても問題なく働き続けることができるのです。

主婦(ミセス)にとって最適な職場とは

そして先に述べた「主婦の強み」を生かせる職場と言ったら、なんと言っても「子供に関係する職場」ではないでしょうか。子育ての経験がそのまま自分の強みとなっていかせるのですから。例を挙げるなら「学習塾」「民間学童」「英語教室(英語が話せなくてOK)」「放課後デイ」「就労支援」「介護施設」「託児所」など、あなたの身の回りにも、考えれば意外にたくさんあるものです。

児童発達支援士資格」が主婦の再就職に最強の理由

そこで今回皆様にご紹介したいのが「児童発達支援士資格」です。勉強時間は1週間、わずか15時間程度で取得可能なライトな資格です。発達障害児の特徴を学び、カウンセリング手法やコミュニケーション法、マナカルメソッドを学びます

児童発達支援士資格が注目される背景

全児童の15%に何らかの発達障害があると言われている現在、とても注目されている資格のひとつです。最近では医療関係者や介護関係者の取得も増えています。これまでは勘に頼ってきた子育てに「理論」が加わり、あなたの「主婦の強み」が強化されること間違いありません。

 

主婦に人気の児童発達支援士資格を取得した感想・口コミ!

結論:主婦が再就職時に悩む子育てのブランク!資格取得で道は開ける!

主婦の再就職は難しいという概念を捨てましょう。子育て期間は人間成長の空白期間(ブランク)ではありません。子育ては忍耐とコミュニケーション力を身に付ける絶好の期間なのです。ただ一つ足りないのは「仕事の空白」ブランクがあるということです。このブランクによる自信の欠如を補うのが資格です。それも子育ての経験が生かせる資格「児童発達支援士資格」がお勧めです。

おすすめの児童発達支援士資格はこちら⇩

(一社)人間力認定協会 代表理事井上智之

「児童発達支援士資格が今なら69%OFF

最新情報をチェックしよう!